2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

SNS

ウサギの涙

  •  
無料ブログはココログ

Adam NFTイラスト販売 Puolukka3712

« こちらには久しぶりの投稿です。超長文になっちゃった。 | トップページ | 『たとえがアレな魔王』①〜④を、noteに投稿しました。 »

2024年1月29日 (月)

先日の話の続き。というか補足。

 

まあそんなこんなで、前回の日記の続きというか補足です。

良くも悪くも、今回の経験で得たことのまとめ。

いや誰かに語りたいというより自分の心をまとめておきたいので。

基本私のブログとか自分の中で書き留めておきたいこととかですけど。

 

①精神科や向精神薬に依存しなくて良い

 体質(?)だということがわかった。

 

私の父が20代か30代の頃からまさに生涯の最後の方まで

向精神薬や睡眠薬のお世話になり続けていたので、

私自身もあまりに薬が効きすぎて

それなしではいられなくなったら面倒だな、とか。

精神科のお医者さんのいる病院も家から近いわけでなし。

 

患者さんの3割だか3分の1だかどっちだかは忘れましたが、

向精神薬が効かない人もいるらしいので、

私もどちらかといえばそちらなのかも。

父とは違うお薬でしたが、ぶっちゃけ飲んでても今回の

思い出し怒りとか激しいときは激しいし、凹むときは凹んだので。

 

あとあまりにも不眠が続いていたので飲んでみたかった

『睡眠導入剤』も、確かにしっかり眠くなるのですが、

初期は飲んでも一時間か二時間くらいで目が冷めて、

それからまた眠れなくなっていたので、起きているという。

あまり意味がないかもしれないので必要なくなりました。

 

でも『嫌なことを考える間もないくらいに眠い』感覚を取り戻せたので、

あれは飲んでみて良かった。今は自然に眠りにつけるようになったし、

だんだんと睡眠時間も伸びてきたので、不眠症もほぼ治ったと思われる。たぶん。

 

悪い点としては、結局現実の問題が解決されてないと

気分は落ちるときは落ちるし、どうしようもないということ。

薬の力でハイになって何でもかんでもできるようになるわけではないと。

結局自分で頑張らなあかん。

 

②必ずしも大病院の医師のほうが、町の個人医院のお医者さんよりも

 優れているわけではないことがわかった。

 

人としても処方する薬としても。

一応言っておくと、そもそも父の医者依存が激しかったので、

(逆に母は救急車レベルまで我慢する派。私は間をとりたかった。)

お医者さんに行くこと自体があまり好きではないのですよ。

なのでそもそも今回大病院に行く半年くらい前から市販の薬は色々試して、

それでも治らずに「何かおかしい」ってなったからあれなんですけどね。

 

でも今回のお陰で、まあお医者さんの方の診断ミスがあれば

いろんなお医者さんに行ってみることもなるのか、と、

少しは父の行動にも理解をもてるようにもなりましたし。

 

『グッド・ドクター』や『ドクター・ハウス』のような

名医ばかりがいて、きちんと病名診断されるわけではないのだなと。

海外の医療系ドラマ大好きなんですけどね。夢を見すぎていた。

 

 

③ (前回も言いましたが)母が根本的で根源的なところで

やっぱり私のことを信じていないのと、

私への愛情が欠けているということがわかった。

 

母親が子供に対してそういう行動をとったり発言をしたら、

どう感じるかには思いが至らない点とかね。

外面だけはいいから、死にかけてる娘があんな酷いこと言われても

私のほうが異常で悪い、私の思い込みで全て間違っている、と。

あの態度や言葉が辛かったな。

家族じゃない他人に信じてもらえないよりも。

 

まあでももういいや、死にかけててもあんな態度しかとれないなら、

多分本当に一生私への根本的な不信感とか排斥感は変わらないんだろうな、と。

今後はそういう意味でも夢はみない。もう知らんわ。

 

そもそも何回も母が定期的に薬をもらっているかかりつけの

お医者さんに行く時「ついでに連れてって」って頼んでたのになぜかそこは

たちの悪い冗談とともにキレイにスルーされたから、

少なくともその間4ヶ月くらいは行きそびれた期間があったりとかね。

 

大きな病院とか緊張するから行きたくなかったのに休診日とか重なって

最初に診てもらった医者がアウトオブアウトでもう、ほんと一年とかそれ以上かけて

医者に行くたびに悪化して全身に広がっていくあの絶望感と肉体的苦痛。

ほんと一人でよく耐えたよ私。よく生きてたよ私。

 

やっぱり私の場合は一人のほうが心は気楽だ。

ということがわかりましたよ。良くも悪くも。

 

今後は開き直って、他人に対してもっと気楽に、

もう少し楽に生きられるようになるといいな。

 

« こちらには久しぶりの投稿です。超長文になっちゃった。 | トップページ | 『たとえがアレな魔王』①〜④を、noteに投稿しました。 »

日常」カテゴリの記事